ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

関東は桜の花が満開です♪

こんにちは。

関東は22日に桜が満開になりました。
私はアメリカから来た友人と何十年振りに上野に夜桜を見に行ってきました。

sakura1


ライトアップされた桜は昼と違った美しさを醸し出していました。
本当に綺麗でした。

震災の年も桜は咲きましたが、ゆっくりお花見する余裕も時間も無かったので2年前の桜の花を想い出だせません。皆さんの所も桜の花は咲いていますか?

桜前線も北上しますので被災地でもお花見が出来ますね。憑かぬ間の桜の花を楽しんで下さい。


先日、お願いしましたコラージュバックの製作ですが、10名様から協力して頂けると嬉しいメールを頂きました。本当に有難うございます。

宮城ジョネットさんのご希望はなるべく長期的に支援して頂きたいとのことですのでお手すきの時でも構いません。
また、1枚でも構いませんので製作して頂けると助かります。

バックのサイズについての質問がありましたので毎回、協力を頂いています熊本在住の方のレシピを掲載させて頂きます。自分サイズで作っている方はそのまま製作して下さい。


***コラージュバック***


◆出来上がりサイズ  縦 36cm  横 30cm  持ち手 36cm


◆縫い代込みのサイズ

   縦82cm  ⇒  36cm×2 + 5cm×2cm              
         (底が わ です。)    (入れ口 三つ折の縫い代)
   横30cm    33~34cm ⇒ (1.5~2cm)×2(両脇 袋縫いの縫い代) 

   持ち手   46cm ⇒36 + 5cm×2 (入れ口 三つ折の縫い代に挟み込  


お手数をおかけしますが、引き続き製作ご協力をお願い申し上げます。


今日、東京銀座にて 「ママでもできる復興支援」 というイベントが開催されています。
小さなお子さんを抱えたお母様達が手作りした物の販売やワークショップを開催してその売り上げを被災地に支援するという内容です。
フォトジャーナリストの「かさこさん」が震災の写真パネルの展示と講演を行っています。

ママでもできる復興支援と同じように応援隊も微力ですが、ご依頼がある限り支援できればと思っています。


どうか宜しくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

いつまでも忘れない。そしてご協力依頼について(お願い方)

応援隊の皆様へ

大変ご無沙汰しております。

お変わりございませんでしょうか?

想い出しても恐怖しかないあの3.11.

いつまでも忘れない…。

そして全国の皆さんの温かな心こもった支援と一つに繋がった心。

今でも毎日、被災された方の為に活動を続けている方々に頭が下がります。

今、1分間の黙祷をしました。





3.11さんのメッセージをシェアーさせて頂きます。


先の震災で亡くなられた全ての皆様に対し、心から哀悼の意を捧げます。ご遺族、被災された皆様には、一日も早く穏やかな日が訪れることを、お祈り申し上げます。

あれから2年。いま世界では様々なことが起こっています。人々は不安定な時代を、目先の生活に追われながら毎日を生きています。

こうして遠くにいると東北のことは見えづらくなってきていますが、いまも震災と闘う人々が、東北に暮らしています。

仮設住宅から震災住宅への移転をしようにも、計画の遅れで身動きできない人。自力で新居を構えようと一歩踏み出した人。

生きるために故郷を離れた若者たち。家を失って離れた仮設住宅で暮らす人。自宅にこもる老人たち。

船を失い漁船漁業を諦めて共同でできる養殖業に転身、慣れない作業を一から学び始めたベテラン漁師。船を譲り受けて漁を再開し、これを期に新しい漁業形態にチャレンジしている漁師。

町おこしで復興しようと、様々なプロジェクトを立ち上げている地元の大人たち。

流された店舗を修復して営業再開を果たした商店、寿司屋、居酒屋などの事業者たち。仮設の店舗を持って再開した人。食堂の再開を諦めた人。

住み慣れた町に戻ることが叶わず、仮設住宅の一室で息絶えた人。将来を憂い、自ら命を絶った人。

心に傷を追った子どもたち。それを心配する大人たち。子どもたちが安心して学べる環境を整えようと奔走する大人たち。

故郷に戻ることも許されず、明日の一日の目処も立たない福島の人たち。未来を描くことの許されない福島の人。極度のストレスから精神的に追い込まれて、お隣さんすら信じられなくなっている福島の人。住人同士の誹謗中傷が蔓延する仮設住宅で暮らす福島の人。つい子どもに手をあげてしまう福島の親。苦悩する親たちに気を遣うことを覚えてしまった福島の幼い子どもたち。それでも明るい子どもたち。

まだ終わっていない東北。

離れた場所でまだどうしていいか分からない人も人も、いまも東北に足を運び続ける人も、東北の人たちの未来を一緒に考えながら寄り添っていくことができます。自分がどう東北に関わるか。2年経ったいま、関わり方は様々です。どんなことでもいい。できることがあれば、どれもが正しい。今日もう一度、東北と向き合う気持ちを確かたいと思います。

3年目の東北にも、できることがあります。

それぞれ何を思うのだろうか?





現在、私は仕事をしながら出来る範囲のボランティアをしています。

今年も福島県の原発地区の子どもたちの体操着作りの支援をするために海外に出かけます。

被災地の猫や犬の支援をされている方へわずかですが餌代を支援させて頂いています。

私もはぴこさんもボランティアとして手伝ってくれた近所のお友達も仕事を始め、会う機会が少なくなっていますが時々ですが、連絡を取り合っています。

メンバーの一人が仕事の関係で被災地である宮城県に帰ることになったので色々と情報を得られると思っています。

時は流れあっと言う間の2年間ですが、本当に少しずつ復興していると思っていますが、人の心は荒んでいると感じています。

福島県の先生方やみやぎジョネットさんからも時々、お話しを伺うことがありますが、心のケアー、生きるための意欲がもっとも必要だと話されていました。


実は、昨夜、みやぎジョネットさんから支援の依頼がありました。

ジョネットさんはサロン活動をしながら、本格的な自立支援も行っています。

仕事につけるようにパソコンの操作や簿記のセミナー。

ヘルパー2級の収得を格安でとれるためのセミナー。

手作りでの支援活動。

高齢者や仮設住宅やご自宅を回ってのサロン活動。

幅広い活動をされています。

サロン活動の依頼が多く、応援隊が支援していたA4サイズの無地のコラージュする為のバックが人気があり、

ミシンを支援してしまった関係で縫うことが出来ないそうです。

そこで応援隊の力をお借りすることはできなでしょうか?とご連絡がありました。

私自信が忙しさにかまけてブログを更新していないのでどの位の方がこのブログをご覧になり支援して頂けるかは判りませんとお話しをしました。

もし、このブログをご覧になりご協力頂ける方がいらしゃいましたら、下記のアドレスにメールを頂ければ幸いです。
バックはスタンプを押して布地などを貼って作るコラージュバックです。

布地はスタンプを押しますので無地でしたら(濃い色を除く)色が付いていても構いません。

※A4サイズが入るマチ無しのバック(裏生地無し)数量:出来るだけ多く希望


005_20120813102535.jpg



メールアドレス

fa-lange★koalanet.ne.jp 全て小文字です。

※★印を@に変えて下さい。

お仕事を再開されたり、お忙しいとおもいますが、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。


放射能の問題も解決しない中、中国からの汚染、黄砂、花粉症、身体に悪いことばかり、4月からは電気料金も上がります。消費税は7月から上がります。
本当に暮らし辛い日本ですが、支えあって生きていければと思います。

皆様もお身体に気をつけて精一杯生きましょう!!

亡くなられた方のためにも……。


ハンドメイド応援隊


活動報告とご挨拶

応援隊の皆様へ


こんにちは。
ご無沙汰しております。
私的な事情にて活動並びにご報告が出来ず大変、ご迷惑をおかけしました。
心よりお詫び申し上げます。

数時間後に新しい年を迎えますがその前にきちんと報告させて頂きます。
皆様もお正月の準備で多忙だと思いますが、時間がある時に読んで頂ければ幸いです。


※活動報告

1.宮城ジョネットさんに2012年度のカレンダーを企業、並びに個人の方々に呼びかけ、大量の数のご協力を頂き、お送りいたしました。

※2013年度のカレンダーもKFC(日本ケンタッキー・フライド・チキン)の本社のご協力のもと全国のチェーン店に呼びかけて頂き、年開けに被災地にお送りすることになりました。


2.原発20キロ圏内のお子さんの体操着作りのお手伝いをさせて頂きました。

3.自立支援の活動としてキットの制作、キットのレシピ、マニュアル、サロン用のお菓子や飲み物等をお送りいたしました。

※キットのレシピやマニュアルがとっても役にたっているそうです。

4.台風の被害を受けた熊本県の被災された方々に応援隊の皆様から送って頂いたギフトカードや寄付金で食料の支援を行いました。

5.熊本県のボランティアやNPOから緊急の支援依頼に関しては私と一緒に活動している近くの仲間に呼びかけ
タオル等をお送りしました。

※タオルと雑巾の支援に関しては福島県で被災された方々に呼びかけたところ、大熊小中学校、大野小中学校の先生が父兄に呼びかけ集めてご協力頂きました。

6.宮城県の東松山市のボランティアの方とNPOから緊急の依頼があり、子供達にプレゼントを送りました。
緊急でしたのでアトリエで販売している物と私物をお送りしました。

7.私が活動を休んでいる時に編み物教室の講師をしている義理の母が他の講師や生徒さんに呼びかけて毛糸を大量に集めてくれました。年開け、天気が良い日に検品してお送りしたいと思っています。
※ばばちゃん応援隊が活躍してくれました。


皆様のご協力のお陰で被災された方の支援を行うことができました。
本当に有難うございます。


************************************************

被災地からのお便り

※みやぎジョネット 様

現在も毎日、サロンを開催しています。送って頂いたレシピを参考に、複数のキットを沢山作って活動しています。お花の髪ゴムや飾り物です。
ワークショップは1時間くらいでお終、お茶を頂きながら、心身の健康につながる取り組みを入れています。
先日は生活不活発病予防の体操や介護保険の話しを入れました。

生、死、腑に落ちる捉え方をしたいものです。(これは私に対しての文章だと思います。)

被災地はあまり良い状態ではなくなっています。
働く気力がないというか、お世話されて当たり前という考え方の方と自分が駄目になるといって努力される方との二極化が進んでいます。
同じ生きるなら自分の人生を楽しんで頂きたいものです。

皆様のお心使いに心より感謝申し上げます。


※現在も食べ物や生活雑貨、電化製品等をボランティアの方々が配布されているそうです。留守している仮設住宅の玄関先に置いていかれることなどが多々あるようです。欲しいと言われなくても物が届く支援はどうなのでしょうか?草野様が書いておられるように自分の足でも前向きに進んでいこうと思う気持ちを阻害しているボランティアのあり方を見直さなくてはならないのではと感じています。
今後は被災された方の中からリーダーを育成してジョネットさんのサロン活動を引きついて行きたいと考えているそうです。ご年配の方々の生きがいに繋がり、人と人の交流で孤立化が防げれば素晴らしいと思います。


※NPO法人青年協議会  代表 上村 様

この度は九州北部豪雨より被災した方々のために、支援物資をお送り頂き心より御礼申し上げます。
ご提供いただきました支援物資は熊本県阿蘇市の被災された方の皆様のもとへ確かにお届けいたしました。
被災された皆様からも感謝の言葉を頂戴しております。
素晴らしい大自然に恵まれた阿蘇が復興を遂げるまでにはまだまだ時間がかかりますが、今後も私どもが出来ることに精一杯取り組んで参ります。
失礼と存じますが、書中を持ちましてお礼のご挨拶とさせていただきます。
本当に有難うございました。


※家を濁流に流されて現在も仮設住宅で生活されているそうです。自然の猛威には勝てず、悔しさばかり残りますね。


※阿蘇山西巖殿寺 住職 様

この度はご支援いただき、誠にありがとうございました。
今回の九州北部豪雨で阿蘇市では20人を超える犠牲者、100棟を超える建物の全壊など未だかつて経験したことの無い被害にみまわれました。
途方に暮れる中、皆様から送っていただいた物資を見る度に皆様から元気を頂き、ボランティアに励むことができました。

米や野菜などの食料は炊き出しや毎日の朝食に使いました。衛生用品は軽トラに乗せて復旧が行われている場所で必要な方に渡しました。
土嚢袋は阿蘇市ボランティアセンターに供給し、泥出しに使われました。
8月中旬にはボランティアセンターが閉所し、8月末には仮設住宅が完成し、皆様頂いた物資と余った米は全て精米して5キロずつに小分けして入居される方に全て渡し終えました。
阿蘇は復旧から復興へと階段を進めようとしています。

御礼と御報告が遅くなりました事、ご容赦ください。
阿蘇にお越しの際は是非お声をかけて下さいませ。
乱文乱筆にて失礼とは存じますが、取り急ぎお礼まで。
季節の変わり目で体調を崩しやすくなりますのでご自愛下さいませ。


※西巖殿寺様には食料をお送りさせて頂きました。


※大熊町教育委員会 鈴木 様

拝啓  ここ湖南はすっかり秋、もうすぐ冬です。
応援隊の皆様にはいろいろとご配慮賜っていることに感謝の言葉もありません。

さて、この一年のことをまとめた本「大熊町学校再生への挑戦」~学び合う教育がつなぐ人と地域~を同封しました。
ほんの少ししか紹介できませんでしたが、ご笑読下さい。
「はやく家に帰りたい。(合同出版社)も出しています。
「あとがき」は私が書いたものです。ご笑読頂ければ幸いです。
どうぞお身体を大切に。 


※2度目の寒い冬を仮設住宅で暮らしています。未だに新しい住宅に越す見込みさえついてない状況です。
自宅に帰りたい!望郷の念は募るばかりだそうですが、その半面、もう、住めないと諦めの心の葛藤があるそうです。放射能の影響と健康被害の恐怖も抱えながらの生活は厳しいの一言です。


大熊町学校再建1


※この本の冒頭から目頭が熱くなり涙が溢れてきました。3.11の日から全町避難、全てを失い、生活も生き方も仕事等も失いました。
教育、学校再建から少しずつ元気を取り戻してはいますが、震災の傷は癒えていません。
どこかでこの本を見かけたら是非、読んでみて下さい。





今後の活動につきましては、依頼がある限り、微力ですが、支援していきます。
私、一人では何も出来ません。
その時は是非、皆さんのお力をお借りします。
自立支援という柱に沿っての支援になります。
被災された方が自分の足で希望を見つけて歩みだすための支援でありたいと思います。
今後もご協力の程、宜しくお願い申し上げます。





私について

友人を亡くしてから色々ありましたが、やっと心の整理がついてきました。
思い出すと辛いので友人には悪いと思っていますが、今日をもって封印することにしました。
体調は10月末に左、肩甲骨を痛め、検査をしたのですが、1か月以上経過しても激痛があるため年開け5日にMRIの検査をすることになりました。
来年こそは仕事を頑張ろうと思っていた矢先でしたので少し凹んでいますが、きちんと治療して仕事を頑張ろうと思っています。

私も新しい、夢に向かって歩きだしています。
新しい仕事、新しいHP(現在制作中)新しいブログのご紹介もしたいのですが、このブログ内ではPR並びに告知等はしません。
なぜ、書けないのか?その理由についても個々にお知らせしたいと思います。
もし、感心のある方はコメント欄にてメールアドレスと氏名(ハンドル名は禁止)をお書き下さい。
宜しくお願い申し上げます。





最後に

全国の応援隊の皆様の暖かなご支援、ご協力があったこそ活動が出来ています。
ご心配や励ましのコメントやメール、お手紙を頂きまして本当に有難うございました。
どのように感謝の気持ちを書けばよいのか判りません。
助けて頂きまして本当に有難うございました。
また、お返事を差し上げず無礼したことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます。
申し訳ございませんでした。


被災された方々を含め来年が少しでも明るい年になることをお祈り申し上げます。


zk-shogatsukazari-01.jpg


皆様、良い年をお迎え下さい。








突然の別れで涙が止まりません!

長い夏も終わり急に寒くなりました。

皆様、お変わりございませんでしょうか?

8月以来、ブログの更新もコメントやメールのお返事も出来ず、大変、申し訳ございませんでした。

8月以降、私の身内の不幸などが続き、体調を崩してしまいました。

礼儀をかいた事に心よりお詫び申し上げます。


昨日、去年の暮れから、癌と戦っていた友人が亡くなりました。

10月28日に本人から明日から数日、入院するからと電話がありました。

お見舞いに行くと告げると検査入院だから3日~4日で退院できるから大丈夫といつもの声でした。

検査!検査!の日々なのに今度は入院?と不安な気持ちに襲われていました。

その後、連絡がないので、31日に連絡をしました。

なかなか電話に出ず、切ろうと思った時に出た友人の声は……。

息が苦しそうで「もう、私、駄目かも…腸が詰まってしまて苦しくてずっと吐いているの。血圧も下がって寒くて辛いの。」

私「大丈夫、腸の詰まりが治れば、吐き気も止まるし血圧もあげる治療もしてるでしょう!頑張って。」

友人「有難う。退院が長引くと思うけど…」

どんなに辛い治療でも弱音を言わない彼女が初めて辛いと言ったのでただごとではないと思い一緒に看病していた友人に伝え翌日にお見舞いに行くことにしました。

翌日、午後1時過ぎに携帯に電話しても本人もご家族も出ないのでお見舞いに行くことを取りやめました。

その夜、ご主人から私が、電話した頃に亡くなったと聞きました。

血圧が徐々に下がり、眠るように息を引き取ったそうです。

大腸がんの末期に起こる腸閉塞になり、治療をしたのですが、夏から食事も出来ない状態でしたのでかなり衰弱していたので治療を乗り切れる体力がなかったようです。

昨夜、思い切り泣きました。

不安がよぎったのに会いに行かなかったことも後悔しました。

大学病院のドクターに「貴方の癌に効く治療薬はもうありません。」と言われた時も気丈に「私の余命を教えて下さい」と聞き、先生が「判りません。」混迷して答えたそうです。

もう、治らなくでも民間療法で少しでも生きていたいと頑張っていました。

料理番組を見ると食べたくて「焼き肉とお寿司とラーメンが食べれればもう逝っても良いかな。」と言ったりしていました。

震災が起こる前の年は月に1度、都内見学やご飯を食べに行っていた時の元気だった彼女との思い出を昨夜、友人と話しました。

今年に入り、身近な友人を3人癌で亡くしました。

8月に祖母が亡くなりました。

祖母を在宅で診取った姉が四十九日過ぎて湯船の中で脳梗塞を起こし、溺死寸前でしたが、娘が近くにいて異変にきずき、処置が早かったため助かりました。

右半身不随と言語障害がありましたが、現在、リハビリ入院中ですが、障害が殆どなくなるまで回復しています。

次から次に起こる不幸に私の心と体が悲鳴をあげてしまいました。

総合病院で検査を受けた時に1年間に多数の人の別れを経験したらおかしくなるのが当たり前だからと言われました。不安神経症になってしまいました。

現在は不安に襲われた時に飲む薬を飲んでいますが、だいぶ、楽になっているところに友人が逝ってしまいました。


献花



今は本当に悲しくて悔しいです。

でも、彼女の分まで生きようと思うように努力しようと思っています。

彼女と過ごした楽しい思い出を想い出す方が喜ぶのではないかと…。

病気と闘っている時でも強さを見せた素敵な自慢の人でした。

きっと、昨夜から痛みと恐怖から解放されて笑ってくれていると思っています。


応援隊の皆様の励ましのメールやお薬などを送って頂き、私も元気と勇気を頂きました。

本当に有難うございます。

心より感謝申し上げます。

まだ、気持が落ち着かず、纏まった文章が書けず、申し訳ございません。

どうか、お許し下さい。


落ち着きましたら、各所から頂いていますお礼のお手紙や被災地からの近況報告をさせて頂きます。


乱筆乱文にて失礼いたします。


日々のお話し | Comments(2) | Trackbacks(-)

キット等、発送しました。

大変、ご無沙汰しております。

お盆に入り、ご実家に帰省されたり、お子さんやお孫さんが来られたりして賑やかに過ごされているのではありませんか?
 
どうか怪我などないようにお盆休みをお過ごし下さいね。


大変、遅くなりましたが、8月3日に皆様からお預かりしていましたキットやサロン用の飲み物やお菓子などをみやぎジョネットさんにお送りしました。

私の都合で発送が大変、遅くなってしまったことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

「大変、申し訳ございませんでした。」


では、お送りしたキット等を画像にて報告させて頂きます。

005_20120813102535.jpg

※サロンで人気のコラージュ用のバックと飾り用の可愛い材料。


004_20120813102536.jpg

※ハンドメイドの飾り用の材料。


003_20120813102537.jpg

※手作りぞうりの作り方のDVDと材料。お待ちになっている方がいらしゃったのに大変、お待たせしまって御免なさい。


002_20120813102538.jpg

※お子さんからお年寄りまで使えるキットで人気があるフェルトを使ったお花の髪ゴムです。画像に納まらない位沢山あります。

001_20120813102539.jpg

※今回、私が作ったがま口のキットです。手縫い(返し縫い)で簡単に作れます。


006_20120813102534.jpg


007_20120813104436.jpg

※アトリエでエプロン等を作っていた生地や裏生地などもお送りしました。



010_20120813102746.jpg

※近くに住むメンバーがわらじ用の生地に使ってとニット生地や可愛い生地を寄付してくれました・。


008_20120813102747.jpg

※寄付した生地で簡単ポーチが作れるようにサンプルを作りとファスナーを購入しました。


011_20120813102745.jpg

※今回もサロンようにコーヒーやお茶菓子を沢山、送って頂き有難うございます。画像に映っていない物もあります。

013_20120813102744.jpg


014_20120813102743.jpg



今回も皆様のご協力のお陰で沢山のキットをお送りすることが出来ました。

心より感謝申し上げます。


発送後、みやぎジョネットの草野様よりお礼のお電話を頂き、今の被災地の現状とこれからの活動に付いてのお話しを伺いました。

次回はジョネットさんの活動報告と現地に定期的に入って被災地支援をされている女性の方のお話しを書きたいと思います。


私の個人的、都合により円滑に行えなくなってしまいご迷惑をおかけして申し訳ございません。

今後も仕事や看病などで多忙のため、ブログの更新が出来ないことをお許し下さい。





癌で入院していた友人は自宅療養になりました。抗がん剤や免疫治療等時は友人が付き添っています。

手術は出来ない状態なので病状の進行はCTや血液検査のみで行っています。

今月、初めの検査では転移が見られるとのことでした。

今のところ、免疫療法が効いているようですが、治療費が高いため、この治療も後、3回で終わりになります。

その後、どうなるのか不安ですが、今は見守ることしか出来ません。

私のブログをご覧になって免疫治療用のサプリメントを送って頂き友人はとっても喜んでいました。

本当に有難うございました。





私ごとになりますが、発送を終了した翌日に祖母が亡くなりました。

今が、新盆です。

今年は悲しい別れが多くて寂しいです。






今年は残暑が厳しいそうです。

熱中症や夏バテに気をつけてお身体ご自愛下さい。

そしてもう、自然災害は懲り懲りですが、人間の手で何も出来ないことが無念です。



乱筆乱文にて失礼いたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。