ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年10月
ARCHIVE ≫ 2011年10月
      

≪ 前月 |  2011年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ご協力有難うございました。

応援隊の皆様
こんばんは。


今日は寒いですね。

忙し日々を過ごしているためブログの更新ができません。

毎日、午前2時過ぎまで仕事をしています。

今月末まで続きそうです。

一段落しましたら、色々と報告させて頂きます。


さて、先日、募集しました「ランチ袋(男子用)」ですが、皆様のお陰で製作枚数に達しましたので締め切ります。

製作のご協力を頂ける方にはお手数をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

有難うございました。





◆御礼◆

毛糸やハンドメイド関係の雑誌等もお送り頂きましてありがとうございます。

被災地で販売用の作品を製作している方はカタログや最新のハンドメイド関係の雑誌等も貴重で喜ばれます。

雑誌を参考にして素敵な作品を沢山作って頂きたいと思います。


ギフトカードをお送り頂きまして有難うございます。

今回はホットカーペットのカバーを2枚購入して本体と一緒に仮設住宅のコミュニティーセンターにお送り致します。

フローリングに座るには寒いし疲れます。ご年配の方やご高齢の方が座っても温かく感じるカバーを選びたいと思います。




◆お勧めです!!◆

エコたわしを購入してプレゼントなどに如何でしょうか?

とっても可愛くて価格も手ごろです。

ちょっとしたプレゼントに差し上げても喜ばれると思います。

ekotawashi


きっと今月末にはクリスマス系の作品も出来あがってくるのではと期待しています。

購入希望の方は スケッチ日和さん のブログにアクセスして下さいね♪

宜しくお願いいたします。





寒暖の差が激しく風邪を引いている方やインフルエンザや秋の花粉症になられている方がいらしゃいます。

今年はインフルエンザのワクチンが不足気味だそうなので早めに受けて下さいね。

私は今週の初めに接種しました。





スポンサーサイト

ランチ袋製作の協力お願い方。

応援隊の皆様
こんばんは。


本日、二度目の更新です。

今日、メンバーとセット作業を行ったところ、男児用のお弁当袋が20枚、不足していることが判明しました。

お手数をおかけしますが、製作のご協力をお願いしたいと思います。

ご協力頂ける方はコメントかメールにてお知らせ下さい。

宜しくお願いいたします。


◆お弁当袋のレシピ◆

材料

布(繰り返し洗濯しても大丈夫なもの)
紐 76㎝ 2本

仕上がりサイズ

縦17.5㎝
横16.5㎝
マチ11㎝

裁断サイズ

縦53㎝(上下に3.5㎝の縫い代込)
横29.5㎝(左右に1㎝の縫い代込)

レシピ

①全体に端ミシンをかける。

②下が輪の状態で中表に折る。

③両側を8㎝のあき止まりまで縫う。

④縫い代を開き、あき部分を縫う。

⑤入れ口を3.5㎝に折り返し、三つ折りミシン。

⑥表に返して紐を通す。

⑦アイロンでキレイに整える。



期日は10月30日 アトリエ着でお願いいたします。

送り先、住所は追ってメールにてお知らせいたします。

急ぎの製作になりますが、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。






有難うの気持ち・・・。

応援隊の皆様
こんにちは。


先日、アクリル毛糸とサンプル帳をお送りした大槌町の仮設住宅にお住まいの方々とこけめ農園のhiromiさんからお礼のお葉書を頂きました。

毛糸をお送りしてすぐにお葉書を頂いていたのですが、私の体調不良(怪我)と多忙のため、なかなか報告が出来ず、申し訳ございませんでした。




◆大槌町の仮設住宅の皆様から◆

この度は毛糸や見本カタログを沢山支援して頂きありがとうございました。 

このように見本があると、どの色で何を作るか?話に夢中になったり、製作意欲も膨らんできますね。

今のところはこけめ農園hiromiさんやスケッチ日和のkeikoさん達の援助で成り立っておりますが、そのうちにはきっとお世話にならなければならない時が来ると思いますので、是非、長い目で応援して下さるよう一同お願い上げます。

本来ならエコたわしをお礼に差し上げるところなんですが、注文に追われ余裕がない状態ですので後日にと思っています。

葉書だけでごめんなさい。

第四仮設 FK様 SS様



大槌町1


※全国から注文が殺到して皆さんと製作されているそうです。エコたわしを編んでいると辛いことも忘れられるそうです。また、避難所では一緒だったお仲間の方々と時々集まり、交流もできることが心のケアーに繋がっています。また、エコたわしを販売することで収入を得ることもでき、自立することもできます。
大槌町の「仲間とエコたわし作り」は自立支援の成功例だと思います。


◆こけめ農園のhiromiさんから◆

こんにちは。

いつも素晴らしい作品と心あたたまる支援をありがとうございます。

そして、先日は毛糸とサンプルを送って頂き皆さん、とっても喜んでいました。

見るだけで楽しい!と笑顔でした。

新聞を同梱いたします。

どうぞお身体をお大事になさって下さいませ。

こけめ農園
 


大槌町2


※応援隊のおさんぽさんのアイディアと地元のボランティア(こけめ農園さんスケッチ日和さん)の連携と女性ならではのきめ細やかな支援の素晴らしさが成功に導いたと思います。
小さなお子さんを連れての支援活動には頭がさがります。
これから益々、寒りますのでお身体に気をつけて頑張って頂きたいと思います。





◆御礼◆

毛糸や資材などをお送りして頂き有難うございます。
無事、届いております。

また、直送して頂いている方々にはお手数をおかけしました。
沢山、お送りして頂きまして有難うございます。

事前にメールを頂いている方にはお礼のメールを差し上げております。
メールアドレスが明記されておられない方に関しましてはこの場をお借りして御礼申し上げます。

現在、右足のかかとの怪我が治らず、作業が出来ません。
来週、晴天になりましたら、発送作業を行います。
メンバーが自宅で組み合わせ作業を行っています。

◆お願い!!◆

※冬物のコート等や資材などまとまった量の支援を頂ける場合はコメント欄またはメールで事前にお知らせ下さい。
内容によっては直送をお願いする場合がございます。

お手数をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

※大槌町の仮設住宅のコミニュティーセンターで座布団を募集しています。ご協力出来る方は こけめ農園さんのブログをご覧下さい。


◆報告◆

夏場、体調を崩していたぱぴこさんも9月より復帰しています。

支援品を送る為の送料を捻出するための作品の製作や自立支援の為の作品の試作品の製作などを行ってくれています。11月にははぴこさんが起こした型紙と資材を一緒にして被災地の自立支援活動を行っている所にお送りすることができます。
サンプルが出来あがりましたら、ご報告させて頂きます。





私が怪我をした為になかなか活動ができず申し訳ございません。
年齢のせいか治りが悪いです。

また、本職の仕事も忙しくなり目が回りそうです。

nikko2
※のんきにひなたぼっこしているショコラです♪

時々、現実逃避をしたくなります。(笑) 猫(ショコラ君)を借りたいくらいですが、全く役に立ちません。

福島県のいわき市やその他の県からも情報を頂いております。
纏まり次第、ご報告させて頂きます。




先日、自宅前の公園で放射線の検査がありました。
結果は除染地域に認定されました。

近くの21世紀の森公園では全ての芝生を剥がす作業が始まっていますが、汚染された芝生や樹木を保管する場もないのが問題になっています。

私が住んでいる所は今、テレビで放映されている柏市の境に立地しています。
ちょっとしか離れていないのに線量が違います。

でも、どうすることもできない現状です。








工場から帰ってきました。

応援隊の皆様
こんばんは。


福島県の原発20キロ圏内の小学校の体操着製作の打ち合わせも無事、終わり10日後にはハーフパンツが出来あがります。

現在の小学生は短パンよりハーフパンツが人気だそうです。

工場を探すにあたってネットで調べたところ、大阪に子供用の体操着を製作しているメーカーがあり、連絡を取ってみました。

担当者の方にハンドメイド応援隊でボランティアをしている旨を伝えたところ、けんもほろろに!!

「またですか?ボランティアにタダで差し上げる商品はありません!!」といきなり言われ。

「お金を出して製作して頂きたいので見積書をお願いしたいのですが・・・」 と私

「いやいや結構です。」 と担当者

「判りました。他をあたります。」 と私

「お金を払うと言ったボランティアは貴方だけですが、うちは受けません!!」


どうやら全国のボランティアの方々や団体から寄付の依頼が殺到して対応に追われていたようです。
文字にすると感情が伝わりませんが、本当に迷惑で困っている感じが伝わってきました。
ボランティア活動をしている人に怒りを感じているような口調で言われ電話を切られました。

私も商売をしているのでこの会社の立場も理解できます。
本当なら全国から体操着の注文依頼が入り一番、多忙な時期なのに震災で東北地区からの注文は入らず、少なからずも打撃を受けていたと思われます。

でも、断るにせよ言い方があるのではと・・・。
この会社の女性の担当者の声は絶対に忘れません!!
電話を切って少し、落ち込みました。

その後、四国の会社に電話を入れました。この会社の方は本当に優しくて、阪神淡路の地震の時は全国の皆様に助けてもらったので是非、お手伝いしたいと言って頂きました。
見積をお願いするために製作枚数を話したところ余りの多さにびっくりされ、家族経営で小さな工場で予約も入っているので無理だと断られてしまいました。

2社から断られて日本で製作することを諦め、コストパフォーマンスのことを考えて海外で製作しようと思い、それからは海外の友人にコンタクトを取り、海外の工場で製作することにしました。

と言うことで実は海外に行ってました。

海外にはいつも一人で行っているので気軽です。

航空券も宿泊も全て一人で予約します。

現地に着いても一人で移動します。

食事ももちろん一人です。 食べたい時に好きな物が食べれるのが好きです。

マイペースで自由に動けることが快適です。

今回もケチケチ旅行で宿泊は日本で言う民宿でとっても狭く、普通の人はびっくりすると思います。

私にとって民宿やホテル等は寝るだけのところなので・・・。

lax
※成田空港のロビーで話かけられたアメリカ人。
その後、飛行機に搭乗したら私の隣の席で二人でびっくり!!
サンフランシスコに在住で仕事でアジアを回っているそうです。ハグをしてメール交換してさよならしました。


色々とアクシデントがありましたが、無事、打ち合わせも終わり良かったです。

今回のアクシデントは右足のかかとを切り2時間位、血が止まりませんでした。

腰も右が悪く、痺れも右、そして今回も右のかかと・・・。お祓いに行かなければ(笑)





◆ご報告◆

工場に行く前に岩手県の大槌町の仮設住宅でエコたわしを製作している方々にアクリルたわしの毛糸とカタログをお送りしました。
こけめ農園のhiromiさんから連絡があり、大槌町の女性の方々がアクリル毛糸のカタログを首を長くして待っているとお聞きしたのでお送りしました。喜んでくれているかな??
新作のエコたわしの画像を楽しみに待っています♪。


keito1
※皆様から頂いた寄付で購入しました毛糸をお送りしました。ありがとうございます。


katarogu
※大槌町の方が首を長くして待っていたカタログ。






◆お知らせ◆

※現在、毛糸や生地、暖房器具、ミシンなどは引き続き募集しております。
毛糸は使い残しの物でも結構ですが、必ず、毛糸の素材を明記して下さい。
ご協力の程、宜しくお願いいたします。


※先日、お送り頂いた作品はこれからセットして発送準備をいたします。

※コメントやメールのお返事は随時、お送りしておりますので暫くお待ち下さいますようお願いいたします。

※今後の製作活動については後日、お知らせいたします。





◆御礼◆

※みやぎジョネットさんに自立支援の材料を直接、お送りして頂きまして有難うございます。
子供プロジェクトも活動されるようなので喜ばれます。
今後も引き続き宜しくお願いいたします。






公園のどんぐりが沢山落ちていますが今年はどんぐりや椎の実を拾いに来る子供が一人もいません。

寂しい秋です。

昨日は放射能の検査もありました。結果はまだ、聞いていません。

少しずつ寒くなってきました早めにインフルエンザの予防接種を受けたいと思っています。

皆様もお身体ご自愛下さい。

工場に行っていたため、暫くは真面目に家事に専念します。





明日から・・・。

応援隊の皆様
こんばんは。


この三連休は関東は晴天でとっても過ごしやく近くの保育園や幼稚園では運動会が開催されていますが、放射能のホットスポットエリアに指定されているため、運動会のメニューを減らし、午前中のみの競技、お弁当は室内でといういつもとは違う運動会が開催されているそうです。
こんなに天気が良いのに外でお弁当が食べれないなんて少し可哀想ですね。

皆様はどのような連休をお過ごしでしたか?






◆お願い!!◆

明日からまた、小学生の体操着の製作のために工場に入ります。
生地を選んだり、デザインや価格の打ち合わせを行います。
この仕事が終わるまでは暫くの間、ブログの更新並びにコメントやメールのお返事ができません。
申し訳ございませんがご了承の程、宜しくお願いいたします。
帰りましたら順次、お返事を差し上げます。


※前回、製作したスポーツウェアーを着て運度会が開催されました。
 運動会並びに福島県についての報告は後日させて頂きます。

 取りあえず、2枚の画像をご覧下さい。♪


運度会1

※体操着は上下作りました。胸には先生がデザインした学校名のゴロがプリントされています。
 後日、ご紹介いたします。


運動会2






これから天気が崩れそうなので風邪など引かぬよう気をつけましょう!!

では、行ってきます。




五つの「有難う!!」

応援隊の皆様
こんばんは。

5日の水曜日は全国的に雨で本当に寒かったですね。
私も猫のショコラ君も寒さに弱く冬は冬眠したと思っていますが・・・。
出来ませんね!!





◆五つの有難う!!◆


orei2



一つ目の有難う♪

こけめ農園のhiromiさんとスケッチ日和のKeikoさん達が入園グッツを大船渡の保育園に届けてくれました。
受け取られた方からお礼のお手紙を頂きましたのでご紹介いたします。


※岩手県大船渡市 KT 様より (お母様より)
 
ハンドメイド応援隊 様


本日、娘が保育園からハンドメイド応援隊様よりたくさんの手作りバックを頂いて参りました。
娘は帰るなり「1年生になったら使う!!」と嬉しそうに袋を開けて見せてくれました。震災から半年…。
あと半年すればこの子も1年生なんだな~~と初めて気付かれた母でした。

上の子が一年生なる時は、私が店に勤めていたこともあり、早い時期から色々な入学グッツを揃えたものでしたが、娘にはまだ何もしてあげていなかったので、娘の喜び様は大変でした。
大切に使わせて頂きます。

「ありがとうございました。」


orei3



※娘さんのmikotoちゃんより

ばっくありがとうございました

いちねんせいになったらつかいます。






二つ目の有難う♪


みやぎジョネットの草野様よりお礼の葉書を頂きました。


ハンドメイド応援隊の皆様

前略

沢山の手作り支援物資をご送付下さいましてありがとうございました

びっくりしました。ひとつひとつ可愛らしく、女性なら年齢問わず嬉しくなるものばかり・・・。

団体名が表わす通り心込めたご支援の姿勢に敬服の念で一杯です。

今後共、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

宮城ジョネット 草野





三つ目の有難う♪


福島県浪江町役場 教育委員会 津島中学校 校長先生からお礼のお手紙を頂きました。


ハンドメイド応援隊 様

吾妻山の山頂にうっすらと初冠雪がみられ、朝夕の冷え込みを感じる頃となりました。
ハンドメイド応援隊の皆様におかれましては、ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、このたびは、位置変更により二本松市に開校いたしました江南町小中学校の児童生徒に、すぐに活用できるたくさんの袋やシュシュ等をお贈りくださり心より御礼申し上げます。

皆様の手作りの愛情あふれる作品を手に取り、子供たちからおどろきと笑顔がこぼれていました。

また、先日、お送り頂きました中学生の袋を2学期に入り学校に行き始めたお子さんに「頑張っているご褒美ね。」と私が直接、仮設住宅を訪れて手渡してまいりました。

「手作りですか。素敵ですね。」と保護者の方も感激されており、感謝の言葉を話しておられました。
元気をあたえてくださる手作りの品々のパワーを改めて感じているところです。

皆様の行為が被災された方の心をどんなに和ませてくれていることでしょう。
皆様の温かなお心遣いに感謝申し上げます。

浪江町は、まだまだ先が不透明な状態ですが、全国の皆様から頂いたお志を復興の力として進んでまいりたいと思います。
今後とも、御支援賜りますよう宜しくお願いいたします。

これから寒さが厳しくなってまいります。
皆様お体を大切にお元気でお過ごし下さい。


浪江町教育委員会
浪江町立津島中学校校長 





4つ目の有難う♪


※10月3日のブログをご覧になった応援隊のメンバーの方からロックミシンの寄付の依頼があり、みやぎジョネットさんに連絡をしたところ、電話口で「わ~あ嬉しい!有難うございます。」と喜びの声が聞こえてきました。

初めてのロックミシン第一号です。

ジョネットさんでは自立支援活動の「ミシンプロジェクト」が本格スタートしました。
ロックミシンが加わることで幅広い作品が作れるようになると思います。

ご協力有難うございました。  





五つ目の有難う♪


※先日、募集しました保育園男子様のレッスンバックとシューズ入れが届いています。
どの作品を見ても可愛い柄で見ていて楽しいです。皆さん工夫凝らして作って下さっています。
全ての方が生地を購入して作って頂いています。
本当に恐縮ですが、とっても助かりありがたい気持ちでいっぱいです。
心より感謝申し上げます。

 「ありがとうございました。」 





◆お知らせ◆

電気カーペットや毛糸などが届いております。

ご支援有難うございます。

毛糸などは使い途中の物でも構いませんのでご協力の程、宜しくお願いいたします。

※お使い途中の毛糸等をお送り下さる時は純毛か?アクリル毛糸?か明記して頂けると助かります。

また、大きめなサイズの冬物の洋服や暖房器具も募集しております。

ご協力を賜りますよう宜しくお願いいたします。




 

皆様の優しいお心使いに感謝!!

応援隊の皆様
こんにちは。


昨夜、福島から戻ってきました。
福島の件に関しましては後日、報告させて頂きます。





◆ 御礼とご報告 ◆


皆様が作品と一緒に送って頂いた、お心付けやギフトカード、プリペードカード、図書券、etcを利用させて頂き自立支援のための材料等を購入させて頂きました。

皆様のお陰で沢山購入することができ被災された方に届けることが出来ました。
心より御礼並びに感謝申し上げます。

有難うございます。


※購入した商品について

「アクリル毛糸・編み棒・本」


jritu1
※寄付頂いた毛糸もあります。

jitiru8



もう、皆様もご覧になっていらしゃると思いますが、こけめ農園のhiromiさんやスケッチ日和のKeikoさんのブログに書いてあった「エコたわし」で心のケアーを行いながら、人と人の交流が生まれ→製作→販売→収入を得る「収益活動」が出来ています。

このきっかけを作ったのが応援隊のメンバーでもある 「おさんぽさん」 です。
おさんぽさんは避難所にいる方々にアクリル毛糸と編み棒と本をお送りしたそうです。

毛糸を手にして編むことで孤独や寂しさ、何も出来ない状況から女性たちはやる気や生きる喜びを得て避難所で連帯感ができ交流が深まったそうです。
避難所では一緒に活動が出来ていたそうですが、現在は仮設住宅が別々なってしまいましたが、毛糸を持ち寄り集まってはおしゃべりをしながら作品を作っているそうです。
今では、全国から注文があり、可愛い作品を製作しています。

おさんぽさんが差しのべた毛糸と編み棒で「生きる気力」と「働く喜び」を得た被災された方はとっても元気になったそうです。

この、ノウハウをおさんぽさんやhiromiさんやkeikoさんからお聞きして応援隊としてアクリル毛糸と編み棒と本を購入しました。



「ミシン・糸・その他材料」


jiritu4


jitiru7




ミシンを使って洋服の修理(お直し)や作品を作り販売を行いたいと言う要望がありましたのでミシンを2台購入しました。


jiritu6
※生地や糸等の資材は数回に分けて作品と一緒にお送りしています。


また、埼玉県川口市立朝日東小学校のPTAの方々が生地を集めて寄付して頂きましたその布と兵庫県姫路市のショップオーナーのNH様が生地や副材料など大量に寄付して頂き、それらを自立支援のための材料として提供しました。

皆様が製作して頂いたピンクッションやマカロンメジャー等に洋裁に必要なグッツをソーイングバスケットに詰めました。
寄付で頂いたソーイングバスケットにはアトリエショコラで講師をして頂いています「Petit a petit(プティタプティ)のかみやま裕子先生がお忙しい中、トールペイントで絵を描いて頂き、可愛いバスケットに変身しました。


jiritu2


jiritu3


「交流サロンで無料で飲んで頂く為の飲み物(お茶やコーヒー等)を購入しました。

en4



ミシン1台とアクリル毛糸やサロン用のお茶などは前回、皆様が製作して頂いた作品と一緒にみやぎジョネット
「みやぎ女性復興支援ネットワーク」にお送りしました。
みやぎジョネットさんの活動につきましてはブログをご覧下さい。

もう、1台のミシンはこけめ農園のhiromiさんに託しました。

いわき市に関しましては仮設住宅で生活されている方々にも自立支援の為の材料をお送りして製作して頂く予定です。

※今まで応援隊が製作していました「膝あて」等を被災された方に製作して頂き販売する活動など。

今後は応援隊の作品をお送りするだけではなく被災された方々が製作した作品を販売できるような販路の拡大などを皆さんと協力して支援して行きたいと考えています。
どうかご協力の程、宜しくお願い申し上げます。





◆協力依頼のお願い方◆


自立支援活動にご協力並びに参加いただける方、生地や副材料の資材(エコバックや膝当て用など)やエコたわし用のアクリル毛糸(普通の毛糸も含む)の寄付をお願いいたします。

洋裁や編み物関係の本(レシピ付き)なども喜ばれます。
どうか無理のない範囲でご協力をお願いいたします。


jiritu8





◆かさこさんのブログを転記しました。◆

・手芸教室が喜ばれる
避難所から仮設住宅などに移った高齢の被災者にとって、
今、大きな問題は「やることがない」ということだ。
コミュニティが分断され、孤立しやすい高齢被災者に、
今後の自立のきっかけを与える手段として、
大下氏が被災地で手芸教室をやったところ大盛況だった。
手芸という趣味1つあるだけでも、
被災者の心境は大きく変わるし、
同じ趣味を持つ被災者同士が連携をとることにもつながる。

私が取材しているいわき市の避難所に、
高齢の女性単身で原発エリアから避難してきた方がいて、
すでに借上住宅に移ったのだが、
その方は手芸が趣味で、
先日の避難所同窓会でも「編み物していれば楽しいし1日あっという間!」
なんてにこやかに話してくれた。
また避難所では編み物がきっかけで、
他の地区の被災者と仲良くなることができた。

趣味を持たせるきっかけ作りというのも、
今後有効な支援になる可能性が高い。

そして大下氏が最後に言ったこともまた印象的だった。
「私たちが関わらなくてもよくなることが目標。
単発のイベントじゃなく自立するきっかけがあくまで活動の目的」



※みやぎジョネットの方がかさこさんが書いた内容と同じことを話されていました。
 私も今回、福島に出かけて被災された方の孤立を無くすための交流と雇用(仕事)の必要性を強く感じました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。