ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 引き続き活動中です。TOPハンドメイド応援隊 ≫ 引き続き活動中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

引き続き活動中です。

応援隊の皆様
こんにちは。

(今回はかなり長文になります。)


4月25日付け送って頂いた方やグループで参加して頂いた方を含めますと

約、120名様から沢山の作品が届きました。

ご協力を頂き、本当に有難うございます。


初日は検品作業で終わりました。

二日目は作品の振り分けを行い、三日目にセットをして昨日、3ヶ所に無事、送付しました。

初日は天候に恵まれましたが、二日目は怪しい天気を気にしながらの作業でした。

終了後から豪雨になりました。

三日目は強風に襲われ、外での作業が無理な為にお手伝いの方々が各自、作品を持ち帰り、

自宅でパッキング作業を行い出来上がった物を持参して頂き無事、発送することが出来ま

した。


n1


n3




送付内訳

○福島県いわき市児童家庭科(保育園児、幼稚園児)  5点セットを60名
 その他レッスンバックを60セット

○千葉県旭市役所(保育園児、幼稚園児)  3点セットを26名
  唯一、千葉で津波にあった地区  

○岩手県陸前高田市 (下矢作保育園と竹駒幼稚園の合同保育園) 4点セット30名


以上合計116セットを1番大きなダンボール4箱に入れて送付しました。

皆様の暖かな支援とご協力のお陰で一度に大量の数をお送りすることが可能でしたが、

こちらで作業をして頂いているボランティア方や私自身もかなり疲れてしまいました。

この1週間は夕食を作る元気もなく、お弁当を買って来てもらい食べている現状です。

昨夜はお風呂に入りその後、ブログを更新しようと思いましたが、身体が動かなくなり

そのまま、床に横になったと同時に意識はなくなり、主人が帰宅して目が覚めた状態

でした。

老眼のためにメガネがないと見えません。

メガネ!メガネ!と探していたら、実はメガネをかけていたという現状に

かなり疲れている自分に気がつきました。笑ってしまいましたが・・・。

先が長いボランティアなのでお手伝いの方や自分の体調を考えながら活動をして行きた

いと思います。



本日のブログに今回の活動報告を掲載するつもりでしたが、急な案件が入りましたので

そちらについて書きたいと思います。

応援隊が他のメンバーと情報交換や協力して活動を行っていることは皆様にご案内して

いますのでご理解して頂いていると思います。

実は昨日、パソコンを開きましたら、他のメンバーから以下の内容の情報が入りました。





牡鹿半島方面にボランティアしている方と連絡を取り、上履き袋のみなのですが、
200枚必要という依頼を頂きました。まだ、詳細は不明ですが、別団体
(我々のような手芸鞄を送るボランティア)をしているところで
「OO小学校宛などの学校単位の締め切りが必要、作家の気持ちを考えて。
現地からの直接依頼じゃないと信用できない」などといわれて、
上履き袋を断られてしまった方のようです。

現地と連絡をとりあって、コーディネーターされています。牡鹿半島は、壊滅状態で、
学校もまだ再開しておらず、上履きもないのですが、上履き袋等はもちろん、
自分で用意しなければならず、まだ、何名生徒がいるのか、いつ再開するのか分からない
状態だそうです。
49日が過ぎないと、全てが動き出さないという悲惨な状態だそうです。




私たちのような活動部隊に助けを求めたところ信用できないと断れてしまったと明記されて

いました。

宮城県の牡鹿半島は海にそり出した半島ですから四峰八方からの津波の被害は甚大だったと

思われます。

このような所からの依頼を信用できないということ事態が理解できませんでした。

私たちのグループは個人であれ、学校からの依頼であれ、役場やボランティアからの

依頼であれ、受け付けて活動しています。

この様な状況の中で「人を信じること」はとっても大切なことだと思います。

ボランティアなので全ての方をこの支援で救うことは不可能かもしれませんが、

SOSを発して来た方を見捨てることは出来ません。

この状況を受けて、私のお手伝いをして頂いているメンバーに応援隊がすぐに

アクションを起こして支援したい旨を相談したところ協力して頂けることに

なりましたので昨日から男鹿半島の子供たちの為に引き続き作業を行っています。

今回、皆様から沢山の作品を頂いていたので幼児、小学生の分はフルセットでお送り

することが可能です。

男鹿半島の現地でボランティアをしている方々と連携して作品をお届けします。

現在、引き続き作業を行っているために前回の報告はできないことをご了承下さい。



以下の内容は男鹿半島のボランティアの方から得た状況です。(参考まで)






石巻のNPO団体2ヶ所と連携し、支援内容によって送り先が違います。

小学生用、100セット(男女半々)のご依頼を受けました。
ハンドメイド応援隊さんで準備ができるとのこと、
レッスンバッグを除く、フルセットでということです。

中学生は、確認を取ってからとのことです。
なので、今確定の依頼は、小学生100セットです。

牡鹿半島は、まだ電話も通じなかったりするそうです。
石巻のNPO団体へ発送となる予定です。

未だにパンと牛乳とカップラーメンぐらいしか食料がなく、
賞味期限切れの菓子パンを食べていたりするそうです…





私たちが知らない現状がいまだにあることにびっくりしています。

そして救援物資の届かない地域がまだまだ沢山あり、不便な生活を送っている

方々がいます。



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年04月28日(Thu) 14:56
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年04月28日(Thu) 14:42
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年04月28日(Thu) 14:00












非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。