ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 企業2社にご協力頂きました。TOPハンドメイド応援隊 ≫ 企業2社にご協力頂きました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

企業2社にご協力頂きました。

応援隊の皆様
こんばんは。

ゴールデンウィークはどのようにお過ごしですか?

私は、本日も大熊町と牡鹿半島の発送作業をしました。


大熊町に送った荷物の中に子供用(幼児・小学生)と中学生用の運動靴を
㈱アシックス様より寄付して頂きました。

大熊町の子供達は原発地域から避難を余儀なくされたために放射能に汚染された物は
全て身につけてはいけないと言うことで着る物や運動靴などすべて捨てたそうです。
上履きは福島県の業者から人数分532足寄付して頂き、上履きを履いて避難したそうです。

この、話を大熊町の先生から聞いて、中学生だけでも通学用のバックと運動靴の寄付を
頂けないかと思い、一日中、ネットでスポーツメーカーにメールを出しました。
私自身が学生時代から全てアシックスのスポーツウエアーやグッツを使っていたので
1番最初にメール出したのがアシックスさんでした。

そして、すぐにお返事を頂いたのもアシックスさんでした。
ジャージ等のスポーツウエアーやシャツや靴などは全て支援物資で送っているのですぐに
対処できないが、靴や半袖のスポーツシャツなら支援できると言われ送って頂けることに
なりました。
全生徒分は無理でしたが、体育の時間だけでも交替で活用できる靴を頂くことが出来ました。

アシックスの担当者の方を通してが縄跳び協会様から縄跳びの寄付も頂けました。
運動靴を履いて縄跳びをして体を動かすことが出来るので子供たちのストレス発散
が出来ると思います。




アシックスさんのご担当者からのメールを掲載します。

お世話になります。
大変遅くなりました。
5/2着にて、出荷の手配が完了しました。
なお、中学校には佐川急便にて88ケースが届き、小学校には佐川急便にて35
ケースが到着します。
受け入れのほど宜しくお願いいたします。
なお、先日いただきましたサイズ明細をすべてカバーすることは出来ておりません。
21cm前後のサイズがあまりございません。
誠に申し訳ございませんが、このあたりはご了承いただけますようお願い申し上げ
ます。
ただ、商品点数としましては、かなり大目に発送させていただいております。
以上、ご連絡いたします。

㈱アシックス 人事総務部・是澤

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


突然、メールをして子供達のために協力して頂いたアシックス様には心より感謝申し上げます。
きっと、子供たちの脳裏にはもアシックスさんのシンボルマークが一生消えないで残ると思います。
本当にお世話になり有難うございます。





もう、1社ご協力頂けたのが 島本株式会社(鞄製造卸し)様から鞄の寄付を頂きました。

メールを出して、すぐに電話があり、私の依頼を聞いて頂き、鞄を送って頂けました。

島本株式会社様の鞄は福島県の大熊町の先生方と宮城県牡鹿町の先生方に送りました。

先生方も全てを失っていますのできっと大切に使って頂けると思います。


oji3
(画像の鞄以外にも沢山頂きました。)





島本株式会社様のメールを掲載します


ハンドメイド応援隊 様

お疲れのところをご丁寧なメール有難うございます。

いろいろな人達が被災者の方々に、なにかお役に立てればと思いながら実際に行動出来ない中で、

応援隊様のような人達が実際に行動されて頑張っているのを、お聞きいたしますと

被災者ではありませんが、私たちもなにか勇気ずけられるような気がいたします。

ハンドメイド応援隊の皆様も、お体にはお気をつけてください。

大した事はできませんが、弊社でもお役にたてればと思いますので

またなにかありましたら、お声をかけて下さい。

有難うございました。

島本株式会社  奥田宏二

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

こちらがお願いしたにも関わらず、応援隊の活動を気にして頂き本当に恐縮です。
島本株式会社の奥田社長の優しいお心使いに心より感謝申し上げます。
電話での優しい声は忘れません。
有難うございます。
今後もこのブログを見届けて下さい。

株式会社アシックス様と島本株式会社様のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。


*********************************

ネットを通じて沢山の方々に支えられてこの活動が出来ています。
文明の利器の凄さをあらためて感じた今日この頃です。


その他のスポーツメーカーのN社、M社、A社にもメールを出しましたが、
物資に支援は全て終わり、今後の参考にしますとお断りのメールがありました。
避難所でスポーツウエアーを着ているご年配者の姿をよく見かけます。
きっと支援されたジャージ等を着ているのだと思います。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年05月05日(Thu) 22:58
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年05月05日(Thu) 19:34












非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。