ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ お礼のメールが届いております。TOPハンドメイド応援隊 ≫ お礼のメールが届いております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お礼のメールが届いております。

被災者の子供たちに笑顔が戻るように心をこめて作ります。
ハンドメイドを通して、支援の輪を広げ、元気で温かな生活ができる社会になるよう、
お手伝いしたいと思います。
そしてハンドメイド応援隊に関わる人たちがみんな、心が潤い、元気になって、
さらにその元気を次の人に繋げていけるような活動を目指しています。
応援隊は下記のグループと協力・連携して同じ活動をしています。
「ハンドメイドで被災地支援」ネットワーク

応援隊の参加表明は「コメント欄」にお書き下さい。

「ハンドメイド応援隊専用掲示板」
ouentai2011@hotmail.co.jp

(注)上記のメールアドレスに携帯からの参加表明を頂きましてもお返事のメールを差し上げることができません。
必ず、ブログのコメント欄にお書き下さい。

宜しくお願いいたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++


応援隊の皆様
こんにちは。


6月に入り衣替え、スーパークールビズが省庁と一部の企業で始まりましたが、今日の天気だと寒いスタートになったようですね。
日本ではまだまだ導入する企業が少ないようですが、夏の暑さを考えると多くの企業が導入すれば良いと思います。ワイシャツやスーツなどを着る機会が少なくなるので経済的にも助かります。


福島県いわき市の方からお礼のメールが届いていますのでご紹介します。




こんにちは!

この度の東日本大震災に際しましては、大変ご心配をおかけしました。
先日、小名浜の佐藤さんより、手作りのバック類を頂戴しました。
心温まる品々をありがとうございました。

二セット頂きました。三年生の双子の子供達は、「僕はこれ!」と
嬉しそうに選んでいました。
道具バックは、お揃いで、笑顔いっぱいでした。

震災で、今まで使っていたバック類は、泥まみれとなり、
洗っても、汚れが落ちず、あの悲惨な時を思い出してしまっていました。
新しいバックで、心新たに、元気に学校へ通っています。

放射線量の数値上、登下校は、ジャンバーや手袋を着用しています。
体育館が、避難所になっているので、
体育は、室内の多目的広場で、軽い運動をしています。
外で、思いっきり走れる日を、今は待ち望んでいます。

日本の皆様や世界の方々が、見ず知らずの私たちの為に
応援していること、心より感謝しています。
今回の震災で、皆様の心に触れ、すごく安心し、とても力となりました。

ご支援ありがとうございました。
心より感謝しています。

  いわき市 菜花





放射能の影響で天気が良くても外では遊べない日々を送っているそうです。
スクールバスで通学、運度も室内、学校から帰っても家の中での遊びで
子供たちも家族の方もストレスが溜まっていることだと思います。
外で遊ぶ子供たちの元気な声が聞こえるのはいつになるのでしょうか?

プレハブの仮設住宅の建築作業も材料の価格上がり大変だと聞いています。
早くプライベートが保てる生活が出来るようになると良いですね。

※お待ち頂いています、お箸入れと膝あては6月中旬にお送りすることができますのでもう暫くお待ち下さい。
 梅雨入りして寒い日々が続いていますので皆さん風邪を引かぬようお身体ご自愛下さい。
 私はまだ、胃腸薬のお世話になっています。



バスケット

※3月11日の地震の時にショコラを入れて自宅の前の公園に避難しました。今はこのバスケットがショコラの安らぎの場所になっています。そして、今も続く余震の時はこのバスケットに入れています。
夜ものこのバスケットは近くに置いていつでも外に逃げれるように準備しています。





スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。