ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 遅くなりました。23日の活動報告についてTOPハンドメイド応援隊 ≫ 遅くなりました。23日の活動報告について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

遅くなりました。23日の活動報告について

応援隊の皆様
こんにちは。


暑いですね!!現在、室内温度が33度です。
扇風機とスポーツドリンクをミネラルウォーターでハーフ&ハーフにして飲んでいます。
皆様も熱中症にならないように気をつけて下さいね。


23日の活動報告とお礼の電話とメールが届いていますのでお知らせいたします。

今回の依頼はハンドメイドで被災地支援ネットワークで情報提供して頂いているクーリエ森さんのところへ依頼があった分をお手伝いいたしました。

●依頼先  宮城県石巻蛇田保育園
●人数   男女135名  保育士用文具品16名
●内容   入園7点セット 135セット 保育士用文具セット16セット 
●発送先  石巻蛇田保育園 木村所長 様
●その他  6月に参加日があるのでその時に子供たちに配布するとのことでしたので間に合うように発送しました。今後も子供が増えるそうなので追加でお送りすることになっています。




※荷物が届いた日に所長の木村様からお礼の電話を頂きました。「可愛い作品と保育士の文房具セットに感激したそうです。皆様に有難うございます」と話されていました。

※保育園のお母様から電話があり、「ハンドメイドの温かな作品を頂き、津波で亡くなった祖母が裏地をつけて作ってくれたことを思い出しました。本当に嬉しく思っております。有難うございます。」と話されていました。

※今日保育参観があり、ハンドメイド応援隊の皆さんで作って頂いた入園グッツのバック類をいただきました。
一つ一つ、手作りだそうで! とても驚き、感激致しました。
息子もクラスの皆も 目を丸くして 喜んでおりました!!
さっそく絵本を入れてお気に入りになっております。この様な暖かいご支援、本当に感謝致します。m(__)m
ありがとうございます。
応援隊の皆様にも宜しくお伝え下さい。

石巻市蛇田保育所
ぞう組 YT 様より  携帯からのお礼のメールです。(お二人のお子様の画像掲載了承済みです。)

hebidahoikuen1


可愛いバックありがとうございます。大切に使わせて頂きます。
石巻市蛇田保育所
ひよこ組 TR 様より  携帯からのお礼のメールです。

hebidahoikuen2

(二人のお子さんが大切そうに抱きかかえている姿を見てウルウルしてしまいました。
保育園児と聞いていたので男の子は車や飛行機、キャラクター柄を選びセットしました。女の子用は可愛い絵柄とパステル調の色を選んでセットしました。喜んでくれてなによりです。元気に夏を乗り越えてくださいね♪)


hebita4



※蛇田地区は津波の被害はありませんでした。被害にあった子供達がこの保育園に編入しているそうです。
 小学校も無事で40名程の編入生がいるそうです。
(編入生分をお送りするか現在、担当者と協議中です。)



石巻市の現状について

※石巻市の教育委員会の方からヒヤリングした内容は下記の通りになります。

◆仮設住宅に抽選して入居した場合、洗濯機・冷蔵庫・テレビ・炊飯器・電子レンジ・電気ポットとカップラーメンとミネラルウォーターがあるそうですが入居してからの光熱費や衣食住は個人で支払うそうです。
(借り上げ住宅に入居された方もほぼ、条件は同じだそうです。)自立が条件なため個々で全て揃えなくてはならないので大変なようです。
教育委員会の方も生活難については判っているそうですが、財政難や国政の問題もあるので今後のことはまだ判らないと言っていました。


◆収入がない方やお年寄りで年金が小額の場合は生活保護の申請をしてそれぞれの状況に合わせた金額で生活するようになっているそうです。苦しい方はこの制度を利用申請して欲しいそうです。

◆移動スーパーなどが仮設住宅を巡回しているので買い物も出来る状況下にあるそうです。

◆義捐金に関しては死亡された方には支給されているそうです。
また、津波で流された家や倒壊した度合いで支払金額が違うそうです。石巻市では申請された方々に義援金の支払いをしているそうです。

◆食料について「紙オムツ、赤ちゃん用の粉ミルク、その他、数種類に関しては大量に援助があり、必要な避難所に配布しているそうです。

◆避難場所には役場を通して食事の材料やお弁当、炊き出しなどを行っているそうです。(行政毎に違いがあるそうです。)
 水は2リットルボトルが配布されていますが、これからの暑さ対策を考えると500ミリの水があると助かりますとおしゃっていました。(冷凍庫で凍らせたり、冷やすのに便利な大きさだそうです。)

各市町村によって支援の内容が違うそうです。
これからは自立できるような支援をしていかなくてはと感じました。


クーリエ森さんは八面六臂で支援活動をされています。今後も皆さんと一緒にお手伝いできればと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。
今回も皆様のお陰で135名の園児が笑顔になりました。
有難うございます。







スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。