ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 会津若松の報告1TOPハンドメイド応援隊 ≫ 会津若松の報告1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

会津若松の報告1

応援隊の皆様
こんばんは。


昨日、会津若松に全町民で避難している大熊町の熊町小学校と大野小学校に行ってきました。

ずいぶん前になりますが、大熊町の教育委員会の先生から必要な物の中に子供たちの体操着があることをお聞きしていました。

震災当時はまだ寒く冬物の体操着はスポーツメーカー等からの支援品で対応できていたそうですが、夏になり、冬用だと暑く夏物が必要だと言うことでした。

その話を受けてから企業やスポーツメーカー等にアプローチをしましたが、どこも支援品として全て寄付してしまい手元にないと言われてしまいました。

そこでいろいろと考えた末に教育委員会の先生に「低価格でしたら製作してお送り出来るように頑張りますのでお金をだして購入することは出来ないでしょうか?」と提案しました。

お子さんのご家族のことを思うと気がひけてしまいましたが、応援隊の力やその他のボランティアでもどうすることも出来ないと思い意を決してお話をしました。

教育委員会の先生も全国の方々の支援に支えられて生活や学ぶことが出来るようになったので次に必要な物はそれぞれの力で揃える努力をするようにと親御さんにお話しされていたそうです。

私の気持ちと先生の考え方が同じでしたのでそれから工場探しを始めました。
工場にも事情を話し、ボランティアで活動しているので低価格で製作して頂けないかと交渉を行いました。
一緒に工場を探して頂いた方も全てボランティアで動いて助けてくれました。

お陰である工場が低価格で製作して頂けることになり、工場で数種類のサンプル作って頂き、それを持って昨日、打ち合わせに出かけ次第です。

スポーツパンツとスポーツのシャツのセット395セット製作して頂きます。(2校分)

色・形・パンツの長さ・デザインを決めます。
シャツには各小学校の名前も入れてもらえるようになりました。

10月に幼稚園・小学校・中学校の合同運動会が行われるそうなので9月の中旬までに製作して届くように頑張っています。

これからはこのようなコーディネイトの活動も必要なのではないかと感じています。



中学生は会津若松市役所内にあります。役所の上が元学校だったそうでその教室で勉強しています。
体育館も2つあり、1つは支援物資の置き場になっていました。

熊町小学校と大野小学校は役場から車で30分位のところにある廃校で勉強しています。小学校の中には幼稚園も併設されていました。

4年前に廃校になった学校だったそうですが、かなり荒れ果て皆で清掃や修理をして活用出来るようになったそうです。机椅子などの備品はまったく無くゼロからのスタートで大変だった話されていました。


子供たちの様子や応援隊がお送りした作品等については明日、報告させて頂きます。



014.jpg
※仲良く並んでいる二つの役場


019_20110831000402.jpg
※役場の3階が中学校になっています。


013.jpg
※大熊町の役場エリアには全国から届いた千羽鶴や励ましのメッセージが沢山ありました。


015.jpg
※支援物資の置き場になっている体育館です。現在、決まった日時に被災された方ならだれでも頂けるようになっているそうです。借り上げ住宅や仮設住宅に入居されている方も頂けるそうです。お子さんは親御さんが同伴と明記されていました。





スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。