ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 会津若松の報告3TOPハンドメイド応援隊 ≫ 会津若松の報告3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

会津若松の報告3

応援隊の皆様
こんにちは。


本日は会津若松の仮設住宅を紹介します。
避難された方は仮設住宅か借り上げ住宅などで生活されています。
大熊町の住民以外の方も入居されているそうです。

今回は行きは東京の北千住から東武特急に乗り、鬼怒川温泉まで行きそこから東武AIZUマウントエクスプレス号で会津若松に行きました。

1輌の電車で小さな温泉宿の駅をゆっくり走るために観光列車として有名です。
今年は風評被害で観光客が激減しているとガイドさんが話していました。本当に観光客は少なかったです。


aizuwakamatuのコピーのコピー
※車窓の中で撮りました。「自然豊かな山通りです」。



景観の美しい山間地域はのどかでした。
ススキも生えもう秋を感じることができます。これから紅葉の季節になるのでもっと美しい景観が望めると思いますので是非、福島を訪れて欲しいと思います。




会津若松駅のホームに着く前に車窓から線路脇に仮設住宅が見えました。駅から一番近い住宅でかなり立派にみえました。便利な場所に立っているので人気で全て入居済みだそうです。

私が訪れた仮設住宅は熊町小と大野小エリアにあり抽選に当たった方から入居しているそうで、まだ、空家がありました。

会津若松は冬は寒く雪もかなり降る地区なのでここで暮らすのを躊躇している方が多いために入居しない方もいるそうです。

048.jpg
※かなりしっかりした仮設住宅ですが、会津の冬は寒いので大変だと思います。


050.jpg
※画像が傾いて写ってしまいましたが、雪国なので入口が二重になっています。


051.jpg
※ドアを開けると畳半分位の玄関とシューズ置き場があり、すぐにキッチンになります。
キッチンは単身用向けですが、給湯器が付いているのでお湯もでます。


052.jpg
※冷蔵庫は普通のファミリーサイズです。


054.jpg
※電子レンジとポットと炊飯器がありますが、キッチンに置くのはかなり難しいと感じました。もう少しキッチンが広いと便利だと思います。



053.jpg
※キッチンを背にして洗濯機とお風呂場とトイレがあります。



061.jpg
※お風呂はユニットバスでビジネスホテルにあるタイプのお風呂ですが、浴槽と洗い場にかなりの段差があるのでご高齢の方は入浴するのに大変だと思います。小さいお子さんやご高齢者の方の配慮が必要だと感じました。
お部屋全体はバリアフリーではありません。


055.jpg
※部屋は2つあり、この部屋は6畳強の広さでした。2部屋ともかなり厚めの絨毯が敷いてありました。テレビも準備されていました。



057.jpg
※押し入れですが、奥行きがあまりないので使い勝手はどうかな?



056.jpg
※小さめな収納がありポールが付いているので洋服をかけることが出来て便利だと思いますが、こちらも奥行きが狭かったです。



060.jpg
※キッチンから撮った画像です。四畳半と6畳強のお部屋です。角部屋でも窓の条件等も他の棟と全て同じです。



049.jpg
※会津若松の仮設住宅には必ずコミュニティーハウスが常設されてあり、お知らせ等の掲示板や親せきやお友達が遊びに来てもこちらで宿泊出来たり、入居者の交流の場として活用できるようになっているそうです。



見学させて頂きましたお部屋は女性2名で生活されるそうですが、お二人ともお体が悪いために布団に寝ることが出来ずベットを2台入れたいそうですが、かなり狭くなるのでどのようにレイアウトするか悩んでおられました。

入居が決まり、始めてこの仮設住宅を見に来たそうですが、最初に発した言葉が「なかなか良いじゃん!!」という声でした。

考え方は人それぞれで「もう、半分しかない!」「まだ、半分もある」と思うように違うのでしょうね!
プラス思考の方で明るい方でした。

この仮設住宅の大きさや設備は全て同じで世帯人数はそれぞれ違います。

先生と一緒に見学させて頂きましたが、先生の姿を見つけた入居者がお子さんと一緒に出て来てにこやかに会話をされていました。
会話の中でお母さんの一言が印象的でした。

「先生、町から逃げる時に先生から貰った卒園の記念品は宝物だから持って逃げてきましたよ!!」

都会にはない、先生を尊敬する父兄の姿を見て温かな気持ちになり、生活は大変だけど心は豊かで良かったと感じ会津若松を後にしました。





会津若松の報告は以上になります。仮設住宅を建てた建築会社にも恵まれているようで、かなりしっかり建てられていると感じましたがこの地で冬を過ごすのが辛い方やご主人の仕事の都合でいわき市等で単身赴任されている方が多く、年内にいわき市に転居されるご家族がかなりいらしゃるそうです。
現在、いわき市に大熊町の方が入居するための仮設住宅の建設工事が始まっているそうです。

10月の運動会が終わったらこの地を離れる方がいらしゃいます。
思い出に残る運動会になると良いですね!!
その為にも体操着作りのお手伝いを頑張りたいと思います。

つたない文章を最後まで読んで頂きまして有難うございました。



※台風が近づいています。被害のないことを祈ります。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。