ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 少女からの手紙・・・。TOPハンドメイド応援隊 ≫ 少女からの手紙・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

少女からの手紙・・・。

本業と家事などで忙しくてなかなかブログの更新が出来ずにいます。

花粉症の症状も日々、重くなり昨夜は咳が止まらず寝れず、途中で起きて咳止めを飲みました。

私の場合は喉の痛みと鼻の痒み、マスクをして外出してもあまり効果がなく、症状に合わせて対処療法で薬を飲んで緩和しています。

この症状が3カ月も続くと思うと憂鬱です。

皆様は大丈夫ですか?






tegami.jpg


先日、宮城県の石巻市立湊第二小学校の6年生女子の方からお手紙を頂きましたのでご紹介します。


皆様へ

三月十一日に起きた東日本大震災以降、全国から沢山のご支援や応援ありがとうございました。

感謝してもしきれません。

お陰さまで前向きな気持ちになれました。

そして、楽しく学校に通うことができています。

本当にありがとうございました。

私が通う湊第二小は震災で被害に遭い、使えなくなってしまいました。

また、沢山の友達が転校したりして、全校の人数が半分に減ってしまい、とっても寂しくなってしまいました。

今は市内にある開北小学校の校庭に建った仮設校舎で勉強しています。

不便な点はありますが、自分達の校舎で勉強することができて、とっても嬉しいです。

毎日楽しく学校に通えるのも全国のみなさんのお陰です。

私は三月で小学校を卒業します。

一緒に卒業するはずだった友達と卒業できないのは残念です。

でも、六年間通い続けた小学校を卒業できるのは嬉しいことです。

震災から一年、沢山の人に勇気づけられて、元気をもらいました。

私のできることはして、少しでも早く復興できることを願っています。

これからも、応援宜しくお願いします。
 






応援隊が昨年の夏に支援させて頂きました小学校の生徒さんからのお礼のお手紙です。

震災でお友達やご家族を亡くされ心に傷を持ったお子さんやお友達との辛いを別れを経験しています。

一番は地震と津波の恐怖を体験したこと。

このことは一生忘れられない出来事だと思いますが、この出来ごとを後世に伝えて言って欲しいと思います。

強く、優しく、助け合いの精神を持った、たくましい大人になってくれると信じています。

これから、まだまだ大変なことがあると思いますが、お友達と仲良して、頑張って乗り切って欲しいと思います。

そして、ご家族の支えになって欲しいと願っています。

自立出来ずいる大人が大勢いる中「前向きな気持ち」で生きている子供の姿はきっと大人たちの刺激にもなると思います。

なって欲しいです。

貴方方の未来が明くなるように私たち大人がよい日本にしていかなくてはならないと痛感しています。

お手紙有難う!!

東北の春は遅いと思いますが、心より卒業をお祝いいたします。

近いうちにお返事を書きたいと思います。






この数日、お手紙が届いています。

順次、ご紹介させて頂きます。





◆キット製作の協力依頼◆


キットは手縫いや編み物、アクセサリー等でだれでもが簡単に作れる物でお願いしたいと思います。
※ミシン使用は不可

◆キットの内容◆

1.キットの製作(お任せになります。)1つのキットを数多く作って頂けると助かります。

①キットとレシピと出来あがりのサンプル品を必ず製作して下さい。


2.小さなバック(セミナーで活用します。その後、ハサミやノート等の材料を入れる袋として活用)


  ※レシピ

  ①綿か綿麻のキナリの色の布地
  
  ②仕上がりサイズ横30cm×縦36cm(各縫い代を付けて下さい。)
   裏地は要りませんのでジクザグ処理を必ずお願いします。
   持ち手 幅2.5cm 長さ36cm 2本 (各縫い代を付けて下さい。)
 
  ③A4のファイルが入り余裕がありサイズのバックです。 


(このバックにスタンプとレース等のコラージュするセミナーにします。)



3.鍵編みでお花を編んで下さい。

 コラージュや髪飾りの材料に使用します。 色、形、大きさは全てお任せします。


(ゴム等を付ける必要はありません。お花のみお願いいたします。)


4.サロンで無料で飲んで頂いているお茶やコーヒーや紅茶、砂糖など。
  頂き物や余分にある物の寄付をお願いいたします。
※サロンを開催するとかなりの方がいらしゃるそうです。お茶を飲むだけでもお年寄りの方は楽しいそうです。 


5.生地、糸、毛糸、フエルト、可愛いボタン、裁縫道具やグル―ガン、ハサミ、糸などがございましたら寄付して頂けると幸いです。




※第3回目のキットとバックの締め切り日は3月5日(月)必着です。

 参考の画像は1月6日(金)の記事をご覧下さい。



春はまだ遠く、寒さが厳しいので体調管理に気をつけてけして無理をせず、ご協力をお願い申し上げます。







スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年03月01日(Thu) 09:53
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年02月28日(Tue) 19:23
生地について
編集
はじめまして。
こちらの活動を最近読ませていただきました。
私にも何かお手伝いさせていただきたいのですが、
家に使っていない生地や毛糸があるのですが、
どちらにどのような状態で
送れば良いのでしょうか?
時間のある時で結構ですので、
連絡いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。




2012年02月24日(Fri) 13:31
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年02月24日(Fri) 09:03












非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。