ハンドメイド応援隊

子供と被災された方の復興のための支援活動を行います。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 応援隊の皆様!「上目黒で会いませんか?」TOPハンドメイド応援隊 ≫ 応援隊の皆様!「上目黒で会いませんか?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

応援隊の皆様!「上目黒で会いませんか?」

4月6日(金)・7日(土)・8日(日)、中目黒の駅からすぐの場所で「ピース岩手復興市」  を開催されます。


岩手


応援隊が支援させて頂いています。こけめ農園のhiromiさんやスケッチ日和通信のkeikoさんもこのイベントに参加されます。

大槌エコたわしチームや大船渡手作り布製品:布ぞうりチームの作品の実物も見れます。

たわし


お時間のある方は是非、行かれて「購入という形での応援」と「hiromiさんやKeikoさんに応援の一言」で支援できればと思っています。

こけめ農園のhiromiさんはお仕事を再開されていますので最終日の日曜日しかいらしゃいませんがスケッチ日和通信のkeikoさんは全日程いらしゃいます。

私は仕事の都合で最終日の日曜日に伺います。

hiromiさんやKeikoさんや皆さんにお会い出来ればと思っています。

是非、「ピースいわて復興市で会いましょう!!」 





◆ピースいわて復興市◆

12の個人と団体が参加します。

■ 立ち上がれ!ど真ん中おおつち:水産加工品

■ 陸前高田のはちみつ

■ カラコマ工房:マクロビスイーツ

■ 大槌エコたわし

■ 「和」ring-project:釜石大槌ガレキキーホルダー

■ 大船渡手作り布製品:布ぞうり、ポーチ他

■ ハートニットプロジェクト:帽子、マフラー他

■ 浜のミサンガ「環」

■ マルツ工房:復興グッズ

■ 雪ノ浦裕一:陶芸

■ 中村太樹男:絵画

■ 岡部慶子:イラスト



被災された方々が元気にやっている人達もいるよということを東京のみなさんに知っていただくことが目的だそうです。

品物は本当にひとつひとつ心のこもった、思いのこもったものをお届けします。足を運んでくださるだけで励みになります。

応援隊の方々でブログやfacebookやHPなどで宣伝して頂ければ幸いです。

どうか、宜しくお願いいたします。



★発起人代表、洋画家中村太樹男さん。頼れるリーダー!
 → 中村太樹男のつれづれ日記

★岩手を元気にするイラストレーター・デザイナー吉田つとむさん
 → マルツ工房ブログ「マルツ横丁(みんなのマルツ工房」)


★釜石出身のマクロビシェフ、ミウラキヨタカさん
 → カラコマ工房ブログ「ひょうたんカラコマ」


★心強い友人であり、管理栄養士としても活躍中の中村裕美さん
 → こけめ農園日誌


★イラストライターとして活躍中の岡部慶子さん
 →スケッチ日和通信 


出店するみなさんの紹介や、準備の様子など、東京にたどりつくまで綴っています。
※是非、ご覧下さい。





◆3月分全て発送完了しました。◆


ミシン1
※画像付きキャプションを付けました。

ミシン2
※今回のお菓子と支援品の紅茶などをお送りしました。

ミシン3


ご支援・ご協力有難うございました。

今後もキット作りや資材等の寄付を継続していますので宜しくお願いいたします。




スポンサーサイト

Comment

資材について
編集
こんにちは。

先日書き込みをさせていただいたまいです。

管理人様だけにコメントを表示されるようにしたつもりですが、実際にコメントができたのか確認ができないので(操作になれていないためご迷惑をおかけします)再度コメントさせていただきます。

布や毛糸等の資材が家にたくさんあります。
布は主に綿素材で、寒色系の柄のものが多いです。
量は、段ボール箱(扇風機の箱くらい)に1箱あります。
2メートル、3メートル規模で購入して袋から出していないものもありますが、ハギレサイズのものもあります。

毛糸は暖色系が多く、1玉単位です。(多いもので1かせ、5玉程度です)エコたわしに使えるアクリル毛糸も少しですがあります。

その他、ファスナーやバイアステープもあります。

いつか使って何かを作りたいと思っていたのですが、なかなかその時間を確保することができませんので、有効に利用してくださる方がいればお譲りしたいと思っていたところ、Mickeyさんのサイトに出会いました。
もしお引き受けいただければ大変うれしく思います。
その場合、送料はこちらで負担いたします。

また、お引き受けいただけるのであれば、資材をどのような状態でお送りするのが一番ご都合がよろしいでしょうか。(布は半端部分を切り取って長方形にし、アイロンをかけた状態、など、ご指示いただければそのようにいたします。)

もしご興味をお持ちになられましたら、メールでご連絡いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
2012年04月06日(Fri) 14:22
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年04月04日(Wed) 12:20
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年04月03日(Tue) 10:58












非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。